貸切バスの使い方

貸切バスの使い方 格安ツアーや団体ツアーなど、バスといえば、最近では事故やバス内で取り残されたりなど、マイナスのイメージが強くなってしまったのではないでしょうか。しかし、移動手段として電車やタクシーなどと共に私達の生活の中で身近な移動手段の一部といっても過言ではありません。個人での移動手段であれば、特に問題なく電車やタクシー、バスを利用できますが、社員旅行や大学でのゼミ合宿など大人数が移動するような場合には貸切バスなどの手配が必要となってきます。移動にかかる時間や貸切バスの選定、コストの問題など幹事として動く人には沢山の考えなければいけない問題が生じてきます。

例えば、学生だけの旅行や合宿などでも貸切バスを使うことができます。貸切バスというととても高額なイメージがあるかもしれませんが、お手軽な値段で時間も自由に使うことができるのでオススメです。バスの種類も色々あり、少人数でも利用できるような小型貸切バスもあります。運転手さんとの距離も近くなるので、車内で起こる様々な問題にも対処してもらいやすくなります。また、運転手さんと仲良くなれば、旅先の穴場スポットを教えてもらえるチャンスもあるかもしれません。貸切バスでは旅行先での目的地などのスケジュールを自由に設定することができるため、団体旅行などではいけなかった場所にも足を運ぶことができます。自由な時間が増えることで、旅先での思い出も増えるかもしれません。
貸切バスでの旅行は通常よりもプライベート感が強く自由に会話をしたり、食事をしたりすることができます。そんな時こそ、普段はあまり気を使わないことでも利用前に注意しておくべきポイントがあります。乗り物を利用するとき、乗り物酔いが気になることはないでしょうか。貸切バスとは言え、人が集まり楽しく時間を共有したいという気持ちは誰も同じではないでしょうか。乗車前には酔い止めを準備して、旅行に備えてゆっくり休息を取ることが必要です。乗車中にも注意は必要になります。携帯を触ったり、本を読んだりなど酔いを誘発するような疲れることはやめましょう。周囲の家族や友人と話したり、窓の外の景色を見たりしてリフレッシュすることもおすすめです。様々な準備をしていても、その時の体調の状況ではよってしまうこともあります。自分達では対処仕切れない場合は遠慮せずに貸切バスの運転手さんに相談してみるのも1つの手段かもしれません。

他に気になることと言えばコスト面ではないでしょうか。レンタカーやマイカーを利用して旅行をしたり移動をしたりすると、燃料費などの問題も出てきます。貸切バスでの燃料費はバス会社によることもあるかもしれませんが、レンタル代に含まれており、追加で請求が発生することはほとんどありません。予測できない交通渋滞など、スケジュールが遅延してしまう場合もあるでしょう。しかし、当初のスケジュール通り出発したのであれば、渋滞などで遅れてしまった場合でも追加料金が発生することはありません。それでも心配な場合には貸切バス会社へ先に相談してみましょう。

このように色々と見ていくと、貸切バスを利用すると様々な問題が出てきた場合にもその都度解決していけることもあるのです。
最後に忘れてはいけない貸切バスを利用する際のポイントを挙げていきます。
旅の準備はもちろん自分達で行わなければいけません。どの季節にどの曜日で利用するのか、また、旅先でのスケジュールなども決め、準備を6ヶ月前位から始めるといいでしょう。宿泊先、貸切バスの予約は3ヶ月前がオススメです。旅行が決まってくるとバス会社の担当者との打ち合わせも必要です。遅くとも予定の1ヶ月前には時間配分や天候のことなど詳細な打ち合わせを行いましょう。

準備をすることは大変ですが、貸切バスを利用すると安全安心な旅ができ、いつもの旅行よりも充実したものになるかもしれません。

最新ニュース