貸切バスを賢く利用しよう!

仕事仲間や友人、親せきや町内会などで一緒に出掛けることになったとき、電車やバスを何度も乗り換えていると待ち時間や移動時間が長くかかり、その分疲労もたまります。その点貸切バスを利用すれば、目的の観光地や宿泊施設まで直行してくれるので、移動がスムーズで時間の節約になります。また貸切バスには、利用する人数が多いほど一人あたりの料金が安くなるというメリットもあります。貸切バスを使えば、よりリーズナブルな料金でロスタイムを出すことなく効率的に旅を楽しむことができるのです。

子供会で皆で一緒に出かけるのは、にぎやかでとても楽しいものです。友人同士で話も弾み、大きな声をあげたり歓声が聞こえたりすることもあるでしょう。しかし一般の交通機関を使うと、そうした子供たちの騒ぎは他のお客さんの迷惑になってしまいます。貸切バスを利用すれば他の乗客がいないので、子供たちも気兼ねなく友情を深めることができ、引率の大人も周囲に気を使わなくて済みます。目的地まで行くときに乗り換えが無いので、駅周辺で迷子になる子が出て探しまわらなければならないという心配もありません。

社員旅行で車両だけをレンタルすると、運転は社員の誰かがしなければなりません。慣れない場所での運転や駐車場の確保は気を使い、運転手に大きな負担がかかって十分に旅行を楽しめなくなってしまいます。貸切バスを使えば運転はプロのドライバーに任せることができるので、参加した皆がのんびりと旅行を楽しむことができます。社員旅行では着替えの荷物やお土産が、ついつい増えてしまいがちです。貸切バスなら広いトランクに荷物をたくさん入れておくことができるので、かさばる荷物や重い荷物をバスに置いてのびのびと観光を満喫できることでしょう。

貸切バスを選ぶ時には、バス会社の規模が大きく多くの人に利用されている大手のバス会社を選ぶのが無難です。大手バス会社はバスの保有台数も多く、運転手や整備員など組織の体制も整っています。多くの人が使っていて人気があるバス会社を選ぶと、予約や見積もり、支払いなどもスムーズに行うことができるでしょう。小さなバス会社でも、日本バス協会が認定する「安全性評価認定」を得ているところは、安全対策に積極的に取り組んでいるバス会社として評価されているので安心して利用できます。貸切バスは大型、中型など大きさによって料金が変わってくるので、利用する人数に合わせてバスを選ぶことが大切です。

また貸切バスの料金は変動する場合があります。土曜や日曜、祝日には平日よりも2割から3割増しになったりするほか、気候のいい観光シーズンの5月から6月や、10月から11月には繁忙期でバスの利用料金が高くなって、予約も早い時期に埋まったりしてしまいます。いつどこに旅行にいくのかきちんと計画を立て、貸切バスの手配を忘れないようにしておきたいものです。カラオケの設備が整っていたりや映画の鑑賞などができるバスを借りたいときには、特に早めの予約が必要になるので注意が必要です。